文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
事業のご案内

國語元年

※終了しました

 時は明治七年、東京は麹町番町。かつての幕府旗本の屋敷町に、文部官僚南郷清之輔の屋敷もあった。長州出身の清之輔は、「全国統一話し言葉の制定」を命じられる。新しく明治の世を迎えた日本をひとつにまとめるためにも全国共通の話し言葉が必要とされたのである。

ところが南郷家だけでも清之輔は長州の出身。妻・光と義父・重左衛門は薩摩の出身で、使用人達も江戸山ノ手の元武家の妻、加津に下町育ちのたね、東北遠野出身の弥平や、米沢のふみ、名古屋出身の修二郎と津々浦々から集まって様々な方言が飛び交い、さらには日本語よりも英語が得意という太吉までが暮らしていた。

そのうえ、大阪勤務時代の清之輔に騙されたというちよが押しかけて来たり、あやしげな公家の公民先生が居候を始めたり、会津出身の強盗虎三郎までが居ついたりと、南郷家で話される方言は増えるばかり。「全国統一話し言葉の制定」に四苦八苦の清之輔は、家中を飛び交う方言を観察して共通の話し言葉をつくろうと試みるが…

日時: 9月14日(土)
     
 18:30(18:00開場)

9月15日(日)[ 2回公演]

@11:00(10:30開場) 
A16:00(15:30開場)
 
9月16日(月・祝)[2回公演]  @11:00(10:30開場) 
A16:00(15:30開場)
 
※15日・16日、各16:00の部の終演後にアフタートークがあります。
   
会場: 東文化小劇場 TEL 052-719-0430  
   
作: 井上 ひさし  
演出: 鹿目 由紀(劇団あおきりみかん)  
   
出演: 南郷 清之輔:岡田 一彦(劇座)
南郷 光:黒河内  彩(劇団シアター・ウィークエンド)
南郷 重左衛門:栗木 英章(劇団名芸)
秋山 加津:中田 裕子
高橋 たね:いのこ 福代
御田 ちよ:手嶋 仁美(劇団あおきりみかん)
江本 太吉:早川 とものり(AAFD)
築館 弥平:木村 庄之助
広澤 修二郎:松井 真人(劇団あおきりみかん)
大竹 ふみ:真臼 ねづみ
裏辻芝亭公民:大谷 勇次(劇団うりんこ)
若林 虎三郎:大嶽 隆司(DORAMAYAHONPO)
   
料金 : <日時指定・自由席>  
  各 3,500円→友の会会員3,150円  
     
発売日 6月14日(金)  
     
チケット取扱:

@事業団チケットガイド TEL 052-249-9387(平日9:00〜17:00)郵送対応可
A名古屋市内13文化小劇場、市民会館、芸術創造センター、青少年文化センター、
 
名古屋能楽堂ほか、名古屋字文化振興事業団が管理運営する文化施設窓口(土日祝日も営業)(東山荘を除く)
Bチケットぴあ[Pコード:429−051] TEL0570-02-9999
CサークルKサンクス、セブンイレブンでも直接お求めいただけます。

     
≪稽古場見学会 30名様をご案内!≫
※定員に達したため募集を終了しました
 数々の演劇賞を受賞するなど大活躍中の劇作家・演出家、鹿目由紀さんをはじめとした名古屋の演劇人が創りあげる「國語元年」の舞台。稽古場ではスタッフ・出演者が本番に向けて日夜奮闘中です。そんな普段見ることのできない稽古場をのぞいてみませんか? この機会に公演では見られない舞台の裏側にふれてみてください。本番が一層楽しめること請け合いです!!
日時: 平成25年8月31日(土) 14:00〜15:00
会場: 名古屋市演劇練習館(アクテノン)5階リハーサル室
料金: 無料  
申込方法: 7月16日(火)9:00〜 お電話でお申し込みください。
  先着30名様まで受付けます。
※1グループ5名までで、全員のお名前をお知らせください。
申込先: (公財)名古屋市文化振興事業団 (平日9:00〜17:00)TEL 052-249-9387
   
   
   

20130914kokugogannen.jpg

20130914kokugogannen.jpg

問合: 名古屋市文化振興事業団チケットガイド(平日9:00〜17:00)TEL 052-249-9387

以下の事業は終了しました
「國語元年(こくごがんねん)」
 出演者オーディションのお知らせ
※募集は終了しました
出演者オーディションのお知らせ

公益財団法人名古屋市文化振興事業団では来る平成25年9月14日(土)〜16日(月・祝)に名古屋市東文化小劇場にて、“名古屋の演劇人が贈る名作劇場”と銘打ち、日本を代表する劇作家井上ひさしの名作『國語元年』を、日本演出者協会若手演出家コンクール優秀賞をはじめ数々の演劇賞を受賞している劇団あおきりみかん代表鹿目由紀の演出により上演いたします。
この公演の出演者をオーディションにて募集いたします。どうぞ、ふるってご応募ください。


國語元年公演情報
公演日時: 平成25年9月14日(土)〜16日(月・祝) <5回公演>
10日(火)〜13日(金) 14日(土) 15日(日) 16日(月・祝)
仕込み
リハーサル・GPなど
11:00 11:00
18:00 16:00 16:00
20130914~16bosyu.jpg

申込書はコチラ>>>

公演会場: 東文化小劇場  TEL 052-719-0430

進行スケジュール(おおよその予定です):
     平成25年3月下旬…オーディション結果通知
     平成25年7月初旬…顔合わせ、稽古開始(平日の夜間及び土・日・休日の昼間〜夜間で実施します)
     平成25年9月10日(火)…公演会場入り
     平成25年9月14日(土)〜1日(月・祝)本番

あらすじ:
時は明治七年、東京は麹町番町。かつて幕府旗本の屋敷町であったところに、文部官僚南郷清之輔の屋敷もあった。清之輔は長州出身で、縁あって薩摩の南郷家に婿入りしており、文部省に職を得られたのも義父の重左衛門が政府の高官相手に付け届けに励んだためらしい。
ある日、清之輔は文部少輔田中不二麿から「全国統一話し言葉の制定」を命じられる。新しく明治の世を迎えた日本をひとつにまとめるためにも全国共通の話し言葉が必要とされたのである。
ところが南郷家の家中だけでも清之輔は長州の出身。妻・光と義父・重左衛門は薩摩の出身で、使用人達も江戸山ノ手の元武家の妻加津に下町育ちのたね、東北遠野出身の弥平や、米沢の寺の娘ふみ、名古屋出身の修二郎と津々浦々から集まって様々な方言が飛び交い、さらには日本語よりも英語が得意という太吉までが暮らしていた。
そのうえ、大阪勤務時代の清之輔に騙されたという御田ちよが押しかけて来たり、あやしげな公家の公民先生が国学教授として居候を始めたり、薩長に恨みをもつ会津出身の強盗若林虎三郎までが居ついたりと、南郷家で話される方言は増えるばかりである。「全国統一話し言葉」制定に四苦八苦の清之輔は、この家中を飛び交う全国の方言を観察してなんとか共通の話し言葉をつくろうと試みるが…


演出: 鹿目由紀<劇作家・演出家、劇団あおきりみかん代表>
福島県会津若松市生まれ。南山大学文学部国語学国文学科卒業。
第16回日本劇作家協会新人戯曲賞最優秀賞や日本演出者協会若手演出家コンクール優秀賞など、全国の戯曲賞・演出家コンクールなどで受賞多数。日本劇作家協会プロデュース『劇王』では2008年度から四連覇を達成。NHK「中学生日記」、SKE48主演「モウソウ刑事!」等のTVドラマの脚本や他劇団・プロデュース公演の作・演出を手がける等幅広く活躍中日本演出者協会会員、日本劇作家協会東海支部事務局長。


現在の出演予定者:
南郷清之輔:岡田一彦(劇座) 南郷重左衛門:栗木英章(劇団名芸)
秋山加津:中田裕子 高橋たね:いのこ福代
御田ちよ:手嶋仁美(劇団あおきりみかん) 広澤修二郎:松井真人(劇団あおきりみかん)
裏辻芝亭公民:大谷勇次(劇団うりんこ) 若林虎三郎:大嶽隆司(DORAMAYAHONPO)

オーディション募集要項

日時: 平成25年3月2日(土)

会場: 名古屋市演劇練習館アクテノン

募集人数: 4人(男性2人女性2人)

募集する役柄:
南郷 光:年齢は28歳、薩摩藩の出身で鹿児島弁。清之輔の妻で重左衛門の娘。おっとりした性格をしている。
江本太吉:年齢は20歳前後。清之輔に洋楽教授として連れてこられた。2歳で外国船のなかに置き去りにされてしまったため、あまり日本語が話せない。ピアノ演奏が得意である。
築館弥平:年齢は40歳前後。南部藩遠野の出身であり遠野弁。かつて馬丁をしていたため、南郷家では主に車夫を務めている。
大竹ふみ:年齢は21歳。米沢弁。南郷家に勤める女中で、出羽国米沢藩の寺の娘として生まれ、離婚歴がある。

応募資格:
@平成25年4月1日現在で満20歳以上の方(誕生日が1993年4月1日以前の方)。
A平成25年7月初旬から開始する稽古に出席できる方。
※稽古は平日の夜間及び土・日・休日の昼間〜夜間で実施し、週5〜6日程度を予定しています。このうち、80%以上出席できるよう日程調整が可能な方であること。
B公演会場入り後の平成25年9月10日(火)から公演終了の9月16日(月・祝)までの期間のスケジュールを全て確保できる方。
C劇団やプロダクション等に所属している方は事前に団体の了解を得ていること。
Dチケット販売に協力できる方。

実施内容: 面接及び実技
※当日は動きやすい服装と靴にてご参加ください。
※男性応募者でピアノが弾ける方はピアノ実技も実施します。
※実技については所定の課題を当方で用意します。 

応募料: 無料

申込方法: 所定の申込書に必要事項を記入のうえ、下記期限までにご提出ください。
       申込締切後、オーディション開始時刻や詳細等を通知します。
         <郵送>平成25年2月11日(月・祝)<消印有効>
         <持参>平成25年2月12日(火)17:00

※お申込みいただく際の個人情報は「國語元年」に関する事務連絡及び名古屋市文化振興事業団の文化事業に関するご案内のみに使用させていただきます。

結果発表: 合否については、受験者全員に文書で通知します。なお審査内容に関する問い合わせには、一切お答えできません。

その他: @オーディションの結果、該当者がない場合は、別途出演者を指名する場合があります。
      A出演者には公演終了後、少額ですが出演料をお支払いします。

問い合わせ・申し込み先:
     〒460-0008 名古屋市中区栄三丁目18番1号 ナディアパーク名古屋市青少年文化センター内8階
     (公財)名古屋市文化振興事業団 事業案内  「國語元年」係
      TEL052-249-9387 FAX052-249-9386(受付時間:平日の9:00〜17:00)



当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.