文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
事業のご案内

Q&A

予約について ホール・舞台利用について ギャラリー、その他施設について


予約について
Q-1 コンサートを計画していますが、ホールはどこを選んだらいいでしょう?
Q-2 名古屋市に住んでなくても申込みできますか?
Q-3 太鼓の練習をしたいのですがどこの施設でも利用出来ますか?



Q-1 コンサートを計画していますが、ホールはどこを選んだらいいでしょう?
A-1 まず考えなくてはならないのは想定される入場者数です。それにより大ホール(市民会館)なのか中ホール(芸術創造センター、青少年文化センター等)なのかあるいは350〜400名規模の文化小劇場なのかが自ずと決まってきます。その上で例えば文化小劇場なら交通の便や劇場ごとの特徴などもあわせて考えてみるとよいでしょう。なお、劇場の規模や種類によって申込み開始時期が異なりますのでご注意ください。申し込み時期については「施設のご案内」から、空き状況については「施設の空き状況」から検索が出来ます。
Q-2 名古屋市に住んでなくても申込みできますか?
A-2 もちろん可能です。ただし芸術創造センターは受付に際し地元芸術文化団体を優先していますので、詳しくは芸術創造センターにお尋ねください。
Q-3 太鼓の練習をしたいのですがどこの施設でも利用出来ますか?
A-3 太鼓については大音量が出る場合が多いため、利用の受付は各施設によって判断が異なります。例えば練習室とホールとが離れておりホール利用に支障がないような施設(青少年文化センターなど)では常時利用可能ですし、一部の図書館と合築の施設では図書館開館時間中はお断りしている場合もあります。恐れ入りますが、各施設にお問合せいただきますようお願いします。




ホール・舞台利用について
Q-1 合唱のコンサートを計画していますが舞台のセッティングや照明・音響の仕込み・操作は会館でやっていただけるのですか?
Q-2 附属設備料金はどのように加算されるのですか?
Q-3 催し物が終わった後、楽屋は掃除までしなければいけませんか?



Q-1 合唱のコンサートを計画していますが舞台のセッティングや照明・音響の仕込み・操作は会館でやっていただけるのですか?
A-1 舞台セッティングや「プランニング」「きっかけ」を伴わない照明・音響操作は会館スタッフでも出来る限りお手伝いさせていただいております。ただし会館は少ない人員で管理をしているので内容によっては人手が足りずに出来ない場合も想定されますので、一度早めに会館にお問合せいただくことをお勧めします。
Q-2 附属設備料金はどのように加算されるのですか?
A-2 附属設備は[単価]×[催し物実施当日に使用した実数]×[使用区分数]で得られた金額を合計することによって算出されます。なお、連続してご利用いただく場合の、区分と区分の間の時間は「サービスタイム」として利用者に有利になるよう取り計らいます。詳しくは会館にお尋ねください。
Q-3 催し物が終わった後、楽屋は掃除までしなければいけませんか?
A-3 会館では楽屋使用後に次の利用の方のために業者による清掃が入りますが、会館使用のルール「原状復帰の原則」の観点からも良識の範囲内で著しく汚れている場合は使用者にて清掃をお願いします。掃除道具は会館にて用意しております。




ギャラリー、演劇練習館、音楽プラザ、東山荘について
Q-1 ギャラリーは1日だけでも利用できますか?
Q-2 いつも決まった曜日・時間に練習を行いたいのですが?
Q-3 東山荘で食事会を開きたいのですが?



Q-1 ギャラリーは1日だけでも利用できますか?
A-1 通常は6日間1単位の利用となります。市民ギャラリー矢田は、月曜が祝日の場合など7日間や5日間の場合もあります。また3ヶ月以内に入ると、市民ギャラリー矢田第1展示室のみ1日単位で利用いただけます。
Q-2 いつも決まった曜日・時間に練習を行いたいのですが?
A-2 演劇練習館及び音楽プラザには定期利用の制度があります。詳しくは各施設にお問合せください。
Q-3 東山荘で食事会を開きたいのですが?
A-3 東山荘では例外的に飲食の持ち込みが認められています。ただし施設を汚損しないことはもちろん、公共施設として節度ある範囲内での飲食が条件となります。詳しくは施設にお問合せください。


当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.