めいとうJAZZ Concert「GARY&JAMBA NOVA CONCERT」

カテゴリー

  • 事業団主催
  • 音楽

JAZZ+SAMBA+BOSSA NOVA=JAMBA NOVA!

ゲーリー杉田率いる5人組ユニットが、職人技による最高のライブをお届けします。

開催概要

日時

令和4年6月4日(土)18:00開場 18:30開演

会場

名東文化小劇場 TEL 052-726-0008

料金 全自由席 1,500円
友の会会員・障がい者等 1,300円
問合せ

名東文化小劇場 TEL 052-726-0008

出演

JAMBA NOVA
ゲーリー杉田(vo,per)
小林順(pf,fl)
ルベン・フィゲロア(dr)
大久保健一(bs)
牛丸健司(gt)

曲目

ノーモアブルース(Chega de Saudade)

イパネマの娘(Garota de Ipanema)

黒いオルフェ(Manhã de Carnaval )

マシュケナーダ(Mas que Nada )

出演者プロフィール

ゲーリー杉田 <ボーカル、パーカッション>

日本のサンバ創世記より日本全国のイベント・ライブハウスなどで演奏活動する傍ら、作詞作曲、DJ、プロデューサー、パーカッショニスト、ダンサー、シンガーとしてブラジル音楽の普及に努める。
21回に及ぶ渡伯で培った本場ブラジルのスイング感と、サウダージと呼ばれるブラジル特有の感情を表現したその歌唱は、ブラジルそして日本でも人々を魅了する。
2005年にリリースされたアルバム『Do Sol Nascente evivo O Samba(サンバの夜明け)/ゲーリー杉田』は、ブラジルのFM局や音楽番組でも取り上げられ話題に。
現在、日本サンバ音楽文化普及協会理事長及び浅草サンバカーニバル出場チーム <ウニドス・ド・ウルバナ> 代表を兼任し、イベント企画・タレントブッキング等まで、幅広い活動を展開中。
サンバ愛好家の間で知る人ぞ知る重鎮であり、その圧倒的な存在感と実力で確固たる地位を築いている。

小林順 <ピアノ、フルート>

フルート、ピアノ、ボーカルをこなすマルチプレーヤー。愛知学院大学時代から音楽活動を始める。
1984年、サンフランシスコのライブハウスで、ジャズFMステーションKPFAのDJ”ダックエドワーズ”に認められ、ラジオ番組にて演奏し話題となる。
日本、アメリカを行き来し、1995年カリフォルニア州のジヤズフェスティバルで日本初のアーティストとして出演し大好評を博す。
現在、日本で各地のジャズフェスティバルやライブ、イベントなど、自他数多くのバンドで活躍中。

ルベン・フィゲロア <ドラム>

1963年ペルー出身。兄達の率いるバンドに15歳の頃より属しライブを中心に活動。
高校卒業後、東洋医学の勉強のため日本に留学し免許を取得。
パーカッションニストであり、鍼灸師、スペイン語講師でもある。
1978年ペルーにて音楽活動を開始。
’97年7月にダニー・シュエッケンディックバンドに参加し現在に至っている。
Keiko Leeやケーナの世界第一人者「ホルヘ・クンボ」 のライブにも参加。
NHKハイビジョンテレビ番組にもパーカッション奏者として出演。

大久保健一 <ベース>

愛知県名古屋市出身。ビートルズやエリッククラプトンの影響を受け、16才の時ギターを始める。その後ベースに転向し、ジャコパストリアスの影響を受けジャズの道へ入る。
ウッドベース、エレキベース両方をプレイし、ジャズ、ボサノバ、ラテン、ファンクなど幅広いプレイスタイルで活動中。

牛丸健司 <ギター>

大学時代よりプロとしての活動を始める。jazzをはじめrock、シャンソン、演歌に至るまで、マルチな活動を続けている。
現在は、歌手等のコンサート、CD、CMソングなどのスタジオワーク、jazz他のライブで多忙を極めている。

会場情報

FACILITY INFORMATION
施設外観の写真
名東文化小劇場
名古屋市名東区上社一丁目802番地 上社ターミナルビル3階
開館時間

午前9時~午後9時30分

  • ただし利用状況により早期閉館する場合があります

【窓口受付時間】

平日・土曜日:午前9時~午後8時(休館日を除く)

日曜日・祝日:午前9時~午後5時

  • 競合受付最終日は各競合受付の申込が午後5時まで
アクセス
  • 地下鉄東山線「上社」下車 1番出口すぐ
  • 市バス「上社」下車すぐ
駐車場

35台 料金(1日1回)は、普通自動車300円

駐車料金の減免について

客席数 356席(車椅子席2席)
座席表 客席図を見る
バリアフリー情報 バリアフリー情報を見る