NAGOYAまちじゅうGA芸術祭 ハートが動けばゲージュツだ。

美術

室町将軍家伝来の名宝を一堂に
〔画像〕美術

秋季特別展「室町将軍家の至宝を探る」


開催日
10月4日(土)〜11月9日(日)


時間
午前10時〜午後5時(入館は4時30分まで)
休館日:月曜日(但し9月15日は開館、翌16日は休館)


場所
徳川美術館


概要
室町時代、足利将軍家は京の都に培われた王朝文化を継承するとともに、積極的に中国の美術品を収集して「唐物」に彩られた新たな文化を先導しました。その収集は、中国当地の審美眼の受け売りでなく、また当時中国と交渉のあった禅宗の価値観とも一線を画し、独自の美意識に基づくものでした。そこで選ばれ、価値付けられた品々は、後世までも高く評価され、以後の日本における中国美術鑑賞の「眼」を形づくりました。
近年、それら美術品の扱いや価値付けを専門として仕えた同朋と呼ばれる人々の活動が具体的に明らかになってきました。将軍家が


入場料
一般1,200円、高大生700円、小中生500円(20名様以上の団体は一般200円、その他100円割引)


事業リンク
徳川美術館
TEL 052-935-6262
http://www.tokugawa-art-museum.jp/


〔画像〕徳川美術館