文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
事業のご案内

芸術創造賞
芸術創造賞は、名古屋市文化振興事業団の初代理事長・故亀山巌氏から受けた寄付を基金とする賞です。
名古屋を中心に活動し、前年度における芸術創造活動が特に顕著で、今後の活躍が期待される個人または団体に贈るものです。
このたび第36回の受賞者を決定いたしました。
尚、授賞式は、令和2年9月9日(水)15:00より、7th cafe(ナディアパーク7階)にて行います。


■令和2年度
 第36回芸術創造賞受賞者決定  
 刈馬カオス <演劇(劇作・演出)>
 角田 鋼亮 <音楽(指揮)>

【受賞者について】
刈馬カオス / 演劇(劇作・演出)
 16歳より演劇活動を始め、20歳から劇作・演出活動を開始。2003年に起動した個人ユニット「メガトン・ロマンチッカー」では、最高観客動員1,000人を記録。4年間で16作品を発表。2009年より「劇団テラ・インコグニタ」、2012年より演劇ユニット「刈馬演劇設計社」を始動させた。谷本進(NEVER LOSE)に提供した一人芝居「36」「ドッグ・ウェーブ」は、全国各地で数年間に渡って上演され続け、70回以上の上演回数を誇る。2013年上演の「クラッシュ・ワルツ」は応募215作の中から「第19回日本劇作家協会新人戯曲賞」に選ばれたのを筆頭に、これまでに多くの賞を受賞している。メディアへの作品提供やワークショップ講師、高校演劇大会審査員など活動は広範囲に及ぶ。愛知淑徳大学では非常勤講師を務める。
 2012年の刈馬演劇設計社設立以来、緊張感あふれるサスペンスを世に出してきた刈馬であるが、2019年上演の「異邦人の庭」は死刑囚とその支援者の2人だけの緊迫した雰囲気が特徴の作品である。場面の経過が生む2人の関係性の微妙な変化が、G/PITの狭い空間と最小限の舞台装置により臨場感を持って表現されたばかりでなく、「死刑制度の是非」とネットでの「自殺幇助」という現代を反映した事象を関連させながら、現代社会が抱える矛盾に満ちた問題をも表現した。加えてシンプルな空間が想像力を掻き立てることにより、演劇的表現の面白さも感じられる作品となったことが高く評価され、名古屋市民芸術祭2019特別賞(演劇部門企画賞)を受賞するなど令和元年度における顕著な活躍が認められ、今回の受賞に至った。

【前年度(令和元年度)の主な活動状況】

■2019年7月

刈馬演劇設計社PLAN-13「神様から遠く離れて」〈作・演出〉
【千種文化小劇場】

■2019年9月

劇団うりんこ「風を見たかい?」〈脚本・演出〉
【田原文化会館文化ホール、岡崎市せきれいホール】

■2019年9月

愛知人形劇センター30周年記念公演
「ジェニィ〜白猫ピーターの不思議な冒険」〈演出〉【ひまわりホール】

■2019年12月

刈馬演劇設計社PLAN-14「異邦人の庭」〈作・演出〉【G/PIT】
※名古屋市民芸術祭2019特別賞受賞作品



加藤恵利子
刈馬カオス

角田 鋼亮 / 音楽(指揮)
 東京芸術大学大学院指揮科修士課程並びにベルリン音楽大学国家演奏家資格課程修了。2002年、安宅賞受賞。2006年、第3回ドイツ全音楽大学・指揮コンクールで最高位を獲得。2008年、第4回カラヤン生誕100周年記念の同コンクールでも2位入賞を果たした。2010年、第3回マーラー指揮コンクールでは最終の6人に残った。2015年4月、セントラル愛知交響楽団の指揮者に就任。2016年にはセントラル愛知交響楽団第145回定期演奏会の指揮が高く評価され、「第11回名古屋音楽ペンクラブ賞」を受賞。令和元年度愛知県芸術文化選奨文化新人賞受賞。いま日本で最も期待される若手指揮者の一人として活躍の場を拡げている。
 2019年4月にセントラル愛知交響楽団常任指揮者に就任し、新しい発想とプログラミング、才能あふれる音楽性、またエネルギッシュな指揮でオーケストラの魅力を引き出した。定期公演では作曲家水野みか子氏の委嘱作品初演において感性豊かに、また緻密に表現し好評を得る。2020年1月定期公演ではイギリスの作曲家エルガー、ホルスト、ブリテン、パリーの4人の作品を取り上げイギリスの伝統ある響きを再現し、改めてイギリス音楽の認識を高めた。また就任からのシリーズとして「ハイドンの精神」と題した公演を企画しており、オーケストラの原点に戻り、より立体感のあるバランスのとれた響きを追求している。
令和元年度角田氏のオーケストラ発展における功績は大きく、今回の受賞に至った。

【前年度(令和元年度)の主な活動状況】

■2019年4月

セントラル愛知交響楽団常任指揮者就任
「常任指揮者就任記念コンサート」開催【愛知県芸術劇場コンサートホール】

■2019年5月

大阪フィルハーモニー交響楽団「ソワレ・シンフォニーVol.13」
【ザ・シンフォニーホール】

■2019年6月

NISSAY OPERA 2019「ヘンゼルとグレーテル」【日生劇場】
10月には名古屋、仙台でも同プログラムを指揮

■2019年9月

セントラル愛知交響楽団第171回定期演奏会 【三井住友海上しらかわホール】

■2019年11月

日立システムズ「希望の響き」シリーズ 東日本大震災復興祈念チャリティコンサート「日立システムズ エンジョイ!クラシックコンサート」
【日立システムズホール仙台コンサートホール】

■2019年12月

セントラル愛知交響楽団「ハイドンのロンドン精神」Vol.1
【電気文化会館ザ・コンサートホール】

■2020年1月

セントラル愛知交響楽団第173回定期演奏会【三井住友海上しらかわホール】

■2020年1月

仙台フィルハーモニー管弦楽団第333回定期演奏会
【日立システムズホール仙台コンサートホール】





衣斐 愛
角田 鋼亮


過去の受賞者

 
第35回<令和元年度(平成31年度)> 柴野 理奈子<文学(児童文学)>
下斗米 大輔<舞台衣裳>
第34回<平成30年度> 衣斐 愛<伝統芸能(能楽)>
加藤恵利子<音楽(声楽)>
第33回<平成29年度> 人形劇団むすび座<演劇(人形劇)>
第32回<平成28年度> 阿部大介<美術(版画)>
第31回<平成27年度> 谷辺昌央<音楽(ギター)>
第30回<平成26年度> 出雲 草(松本 あり)<舞踊(語り舞)>
第29回<平成25年度> 竹市 学<能楽笛方>
第28回<平成24年度> 濱田樹里<美術(絵画)>
第27回<平成23年度> 劇団うりんこ<演劇>
第26回<平成22年度> 鹿目由紀<演劇(劇作・演出)>
第25回<平成21年度> 井出創太郎<腐食版画>
第24回<平成20年度> 杵屋三太郎<長唄>
第23回<平成19年度> 水谷イズル<現代美術>
第22回<平成18年度> ノノヤママナコ<舞台音楽・音響>
第21回<平成17年度> やまもとかよ<声楽>
第20回<平成16年度> 野村小三郎<狂言>
第19回<平成15年度> 村田直哉<グラフィックデザイン>
第18回<平成14年度> 冬頭裕子<舞台監督>
第17回<平成13年度> 佳梯かこ<演劇>
第16回<平成12年度> 杉戸 洋<絵画>
第15回<平成11年度> 内藤美佐子<演劇>
第14回<平成10年度> 三浦 均<デザイン>
第13回<平成9年度> 坂 治栄<舞台衣裳>
第12回<平成8年度> 井上知也<舞台装置>
加藤茂外次<絵画>
第11回<平成7年度> 青山知代佳<演劇>
設楽知昭<美術>
第10回<平成6年度> 早川麻実<バレエ>
山村博男<絵画>
第9回<平成5年度> 麻創けい子<演劇>
各務信宏<絵画>
第8回<平成4年度> 神谷かん<絵画>
高安勝久<能楽ワキ方>
第7回<平成3年度> 五條園美<日本舞踊>
若林亜由<ヴァイオリン>
第6回<平成2年度> 谷上セツ子<声楽>
廣岡倭山<邦楽>
第5回<平成元年度> 堀 義幸<石彫>
御原祥子<照明>
第4回<昭和63年度> 越智久美子<バレエ>
加藤三貴子<声楽>
第3回<昭和62年度> 伊藤三朗<舞台美術>
鹿取希世<能楽笛方>
第2回<昭和61年度> 井原義則<声楽>
中矢恵子<コスチューム・デザイン>
第1回<昭和60年度> 入谷美幸<演劇>
佐々良子<バレエ>


当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.