文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
事業のご案内

第1回「名古屋女性演劇賞」受賞者の決定について

 2018年6月にご逝去された故・江崎順子氏は、女性のみで結成した劇団・夏蝶の代表として活躍し、名古屋市民芸術祭賞や名古屋演劇ペンクラブ賞を受賞するなど名古屋が誇る演劇人です。江崎氏の遺志を受け継ぎ、ご遺族から当事業団に寄付された1,300万円を基金として、2019年度に「アクテノン記念 江崎演劇賞」を創設しました。 第1回受賞者に俳優の小嶋彩子氏が選考されたことを契機として、より一層故人の生前の活動とご遺志に寄り添う演劇賞にしたいと考え、俳優・スタッフなど演劇のあらゆる分野で活躍している女性演劇関係者を表彰する「名古屋女性演劇賞」としました。
江崎順子氏の略歴はこちら
【受賞者について】

     おぐりまさこ〈俳優・演出家〉

授賞理由  おぐりまさこ氏は演劇ユニット空宙空地の代表として、名古屋での公演活動はもとより全国各地を巡るツアー公演やオンライン企画、劇団の枠を超えて数多くの俳優が参加するイベントを企画するなど、 多彩かつ精力的な活動で注目を浴びている。
 さらに、公益信託キャンドル演劇奨励基金や芸術文化振興基金の助成に採択されるなど、演劇プロデューサーとしての手腕も評価が高い。また、俳優としての才能にも高い評価を受けており、主演作品が様々なコンペティションで賞を受賞しているほか、大阪in→dependent theatre1st主催の第3回「30GP」では俳優賞を受賞し、劇作家協会東海支部主催第3回「俳優A賞」では受賞候補にノミネートされた。
 近年の活躍もめざましく、新型コロナウイルスの影響下にあっても名古屋・東京・大阪・札幌の4都市ツアー公演を敢行し、全国学生演劇祭の審査員やワークショップ企画など若手の創作者育成にも力を入れるなど、精力的に活動している。
 演劇ユニットの代表として様々なイベントをプロデュースするとともに、実力派の俳優・演出家として名古屋演劇界を牽引していくことが期待されることから、今回の授賞に至った。

おぐりまさこ
略歴  名古屋市生まれ、在住。2013年に演劇ユニット「空宙空地」を立ち上げ、代表兼プロデューサーとして活動。2015年7月に関戸哲也氏が参加し、二人体制となる。拠点である名古屋を中心に東京や大阪をはじめ全国各地でツアー公演やコンペディションに参加するなど精力的に活動している。

 
【近年の主な活動状況】

■2021年1月 30GP参加「たりない二人」出演
(会場/in→dependent theatre1st【大阪】)

■2020年11月 「宙空地20-21ツアー公演(名古屋・東京・大阪・札幌)「その鱗 夜にこぼれて」出演
(会場/名古屋市千種文化小劇場ほか)

■2020年1月 30GP参加「飛ばないロケット」出演
(会場/in→dependent theatre1st【大阪】)

■2019年11月 空宙空地第7回本公演・名古屋市芸術文化団体活動助成事業「その鱗 夜にこぼれて」出演
(会場/七ツ寺共同スタジオ)

■2018年3月 名古屋市立北高校芸術鑑賞会「ふたり、目玉焼き、その他のささいな日常」出演
(会場/アートピアホール)

■2016年11月 空宙空地第5回本公演 名古屋市民芸術祭2016特別賞受賞
「轟音、つぶやくよう うたう、うたう彼女は」出演(会場/七ツ寺共同スタジオ)

小嶋彩子 小嶋彩子
30GP参加「飛ばないロケット」
(2020年1月)
名古屋市民芸術祭2016参加公演
「轟音、つぶやくよう うたう、うたう彼女は」
(2016年1月)
第1回アクテノン記念 江崎演劇賞受賞者の決定について
【受賞者について】

     小嶋 彩子<俳優>

授賞理由  小嶋彩子氏は、当地域で上演される演劇公演において主要な役どころを数多く演じている俳優の一人であり、持ち前の真面目でひたむきな人柄と真摯で丁寧な役づくりにより高く評価されている。
 近年の活動も「戦争を語り継ぐ演劇公演シリーズ」への連続出演や、水上勉原作の重厚な人間ドラマ「飢餓海峡」の杉戸八重役を演じるなど顕著であり、存在感と繊細さを兼ね備えた中堅俳優として、今後一層の活躍が期待できる。

略歴  '97年A&Aアカデミーにて演劇を学ぶ。01'年から出演を続けている遠山事務所公演では「命ぼうにふろう」「雪やこんこん」「どん底」「道」「飢餓海峡」等多数の主演を務める。'12年〜'15年には劇団スイセイミュージカルの全国ツアー公演に「楽園」他3作品で参加し、商業演劇にも進出を果たす。
 また名古屋市文化振興事業団のミュージカルに'08年「オズの魔法使い」'10年「海の向こうに」'16年「ザ・ミュージックマン」等5作品に出演。2019年には名古屋の演劇人が贈る名作劇場「煙が目にしみる」に出演。
 そのほか『時代横町』『戦争を語り継ぐ演劇公演』等、出演の幅を広げ活躍中である。

小嶋彩子
 
【近年の主な活動状況】

■2012年〜15年 劇団スイセイミュージカル「楽園」主要キャストとして全国ツアーに参加。

■2016年11月 「望郷 サンダカン八番娼館」主演
(作/山崎朋子、脚色/ふじたあさや、演出/遠山 元、会場/名古屋市芸術創造センター)

■2018年5月 戦争を語り継ぐ演劇公演「沈香」出演
(作・演出/伊藤 敬、会場/名古屋市東文化小劇場)

■2019年10月 「飢餓海峡」主演
(作/水上勉、演出/遠山 元、会場/名古屋市芸術創造センター)

■2019年12月 名古屋の演劇人が贈る名作劇場「煙が目にしみる」野々村礼子役
(作/堤 泰之、演出/神谷尚吾、会場/名古屋市東文化小劇場)

小嶋彩子 小嶋彩子 小嶋彩子
戦争を語り継ぐ演劇公演「沈香」
(2018年5月)
遠山事務所公演「飢餓海峡」
(2019年10月)
名古屋の演劇人が贈る名作劇場
「煙が目にしみる」
(2019年12月)




当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.