文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
事業のご案内

鬼太鼓座

数々の海外公演を経た鬼太鼓座が、名古屋初上陸の新作公演を携え
再び名古屋に降り立つ!


「名古屋公演によせて」 和太鼓集団鬼太鼓座 代表 松田惺山
来年50周年を迎える鬼太鼓座は、今年6月の北海道公演から「流離の連鎖」公演を開始します。
2019年名古屋公演では『一期』をテーマに、長年ご縁が有る梅津和時さん、おおたか静流さん、大久保智子さんをゲストにお迎えし、過去現在未来という時間的尺度に囚われない「今この時」の音魂の交歓を企画しました。
「鬼太鼓座の旅は地球の夢」世の平和を願いながら、今年もアメリカ・UAE・中国・国内各地と旅を通して培った鬼太鼓座の波動を、名古屋の皆さんへお届けできることに感謝します。

公演情報

鬼太鼓座
日 時: 

令和元年9月25日(水)18:00開場 18:30開演


会 場: 名古屋市青少年文化センター アートピアホール

料 金:  <全指定席>
S席 3,800円→友の会会員・大学生以下・障がい者 2,800円
A席 3,000円→友の会会員・大学生以下・障がい者 2,400円
友の会新規入会S席3,500円(1年間の友の会会員権付き) 
※未就学児入場不可。

この公演は友の会キャンペーンにつき、事業団友の会会員は一般価格より1,000円もお安くご購入いただけます。
新規入会の方も、1年間の会員権付きで3,500円と、通常よりも2,300円もお得です!
世界を舞台に活躍する和太鼓集団「鬼太鼓座」による心揺さぶるコンサートを、この機会にぜひご覧ください。

チケット取扱:
  事業団チケットガイド TEL 052-249-9387 (平日9:00〜17:00/郵送対応可)
・オンラインチケットサービス

・青少年文化センター、芸術創造センター
 市内の文化小劇場等、名古屋市文化振興事業団が管理運営する文化施設窓口(土・日・祝日も営業)
(工事休館などがありますので、ウェブサイトでご確認下さい。)
・チケットぴあ [Pコード 150-480 ] TEL 0570-02-9999
 ※セブン-イレブン、中日新聞販売店でもお求めいただけます。手数料等が必要になります。


問 合:  名古屋市文化振興事業団チケットガイド(平日9:00〜17:00)TEL 052-249-9387

チケット発売:
  【友の会会員先行】5月15日(水) 9:00〜
【一 般 発 売】5月22日(水) 9:00〜
   


鬼太鼓座 プロフィール

鬼太鼓座は1969年、故田耕(でん たがやす)の構想のもとに集まった若者達により佐渡で結成。
その活動の根源にあるのが、「走ることと音楽とは一体であり、それは人生のドラマとエネルギーの反映だ」という「走楽論」である。
1975年のボストンマラソンを完走後、そのまま舞台に駆け上がり三尺八寸の大太鼓を演奏するという衝撃的なデビューを飾る。
2015年よりアースミーティング・キャラバンを出陣、鬼太鼓座50周年の2020年を目指し、アゼルバイジャン、インドネシア、ブラジル、トルコ、セルビア、スロベニア、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、台湾、シンガポール、マレーシア、アメリカ、ポルトガルと世界を巡り、日本全国で公演。お台場フジテレビにてIOC公認イベント「みんなのハンドオーバーRio to TOKYO」、両国国技館にて世界中のロックアーティストによる祭典「CLASSIC ROCK AWARDS 2016」へ出演し、幅広く活動中。

【鬼太鼓座オフィシャルウェブサイト】http://ondekoza.com


ゲスト


梅津和時(サックス・クラリネット)

宮城県生まれ。70年代前半に渡米、ニューヨークのロフトシーンで活躍した後に帰国、生活向上委員会大管弦楽団で一世を風靡した。ドクトル梅津バンド(D.U.B.)以降、どくとる梅津DIVA、シャクシャイン、新大久保ジェントルメン、ベツニ・ナンモ・クレズマー等を経て、現在率いるKIKI BAND、こまっちゃクレズマ等に至るまで、常に自身のリーダーバンドを持ちながら、ソロとしても国内外で活動を続ける。またRCサクセションやBLOCK HEADSなど、多数のアーティストのサポートとしても活躍。大工哲弘、木村充揮、石橋凌などのCD作品のプロデュースや、ホーンアレンジ、映画音楽・劇伴なども手がけている。
近年は参加するドイツのユニット「Kyoto mon Amour」の人気も高く、年に数度のドイツツアー、フェスティバル出演を果たしている。同名のアルバムは仏「Jazz Magazin」誌で2017年度ベスト盤にも選出されている。最新アルバムは「koma DORADO/こまっちゃクレズマ」(2019年)。

おおたか静流(シンガー&ボイスアーティスト)

七色の声を駆使し、古き良きものを愛でながら、映像、ダンス、パフォーミングアート 等、幅広いジャンルとコラボしつつ、ノンジャンル唯一無二の歌街道を行く。

−主なイベント−
リレハンメル冬季オリンピック閉会式にて『小諸馬子唄』歌唱。
広島アジア大会にて『音戸の舟唄』を歌唱。
−アートシーン−
新潟県「絵本と木の実の美術館」より、 思い出を食べるオバケ「トペラトト」のCDと絵本を発信。子どもたちに愛されている。
千葉県「市原湖畔美術館」にて、声と光の作品「くらやみ美術館/Light & Shadow」 を発表。日曜美術館でも紹介され話題となる。
香川県「瀬戸内芸術祭」にて、ハンセン病で隔離された「大島」での子どもキャンプや コンサートて、歴史をアートに刻印している。
『声のお絵描き教室』主宰、声のバリアフリーと可能性を追求する。
−テレビ−
これまでに「NHK大英博物館」、「金曜時代劇/とおりゃんせ」、「南極」、「天使に なるもんっ」等での作品提供と歌唱をしている。
現在NHK Eテレ「にほんごであそぼ」でレギュラー歌唱はじめ、 NHKスペシャル「未解決事件」テーマ曲『ラビリンス』、「名曲アルバム」にて『琵琶 湖周航の歌』等を歌唱中。
−映画−
「シコふんじゃった」、「鉄塔武蔵野線」、「ズッコケ三人組」、「墨攻」、 「蛍火の杜へ」等で主題歌を歌唱。
−ゲーム− 「Final Fantasy(企)」の『Roaming Sheep』はじめ、「ビートマニア」の『ファティマの 掌』等を歌唱。
−アルバム−
ソロアルバム22枚はじめ、数々のテーマアルバムやコンピレーションに参加。

2016年、あの世と繋がる望郷のダンス『おせなか音頭』、平和への祈り『あの夏のまま ・・・』を同時リリース。 命の尊厳を、未来永劫に続く言霊に込めている。

http://sizzle-ohtaka.com


撮影:小沢芳彦  
大久保智子(筝)

三歳より箏を、七歳より三絃を故 田村通子師に師事。
宮城会全国コンクール児童の部に於いて「箏」「三絃」それぞれで優勝。
東京芸術大学音楽学部邦楽科卒、同大学院修了。同非常勤講師(助手)を務める。1994年名古屋市民芸術祭賞受賞。1996年同審査員特別賞受賞。
現在、愛知県立明和高校音楽課程非常勤講師。西枇杷島中学校邦楽部講師。宮城社大師範。宮城会理事。宮城会東海副支部長。CBCクラブ、東京芸術大学卒業生による「森の会」「たむら会」「生田流協会」「名古屋三曲連盟」「愛知芸術文化協会」「東海三曲演奏家の会」会員。「鮎智の会」主宰。
東京、名古屋を中心に放送、レコーディング、学校訪問、教授等、幅広く活動している。特に学校関係は「いろはに邦楽」と題し小学校から大学まで、体験授業を行って好評を得ている。

鬼太鼓座 フォトギャラリー

※クリックすると画像を拡大表示します。

鬼太鼓座 公演写真 鬼太鼓座 公演写真 鬼太鼓座 公演写真 鬼太鼓座 公演写真
鬼太鼓座 公演写真 鬼太鼓座 公演写真 鬼太鼓座 公演写真






当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.