事業のご紹介

~ルピナス・プロジェクト~ とは


NAGOYA GROOVIN' SUMMER [Virtual]
~ルピナス・プロジェクト~

「NAGOYA GROOVIN’ SUMMER」は、次世代育成のための発表機会の提供を目的に2008年から開催している中学生・高校生ビッグバンドの演奏を中心にしたコンサートです。
2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため開催を中止しましたが、このイベントだけでなく活動の場のほとんどを失ってしまった高校生ビッグバンドの演奏を多くの方に聴いていただくため、映像作品としてお届けします。
名古屋市内の3つの高校生ビッグバンドと、ゲストミュージシャン「Calmera」との共演が映像作品上で実現します。高校生ビッグバンドのエネルギーあふれる演奏をどうぞお楽しみください。

映像作品


3校の高校生ビッグバンドと、ゲストミュージシャン「Calmera」との共演が映像作品上で実現しました。
高校生ビッグバンドのエネルギーあふれる演奏をどうぞお楽しみください。

高校生ビッグバンドの単独の演奏もお楽しみください!


名古屋市立向陽高校
名古屋市立工業高校
名古屋市立工芸高校

ゲストミュージシャン


Calmera(カルメラ)

全国各地の様々な野外イベントへの出演や『SUMMER SONIC』への出演経験もある、大阪発エンタメジャズバンド。ライブのキラーチューン「犬、逃げた。-ver. 2.0-」がSONYハイレゾウォークマンのCM曲に使用され、「ロックンロール キャバレー」がR-1ぐらんぷりのテーマとして放送中、さらに2019年4月クールのドラマ「ミナミの帝王ZERO」(関西テレビ)の劇伴音楽を担当するなど、最近はメディアからの依頼が殺到している。また『YATSUI FESTIVAL』や音楽バラエティ番組のサポート演奏、NHKドラマ「ぬけまいる」での演奏参加など、どんな状況でも対応する演奏力やアレンジ力の評価も高い。JAZZを老若男女へ楽しく広めたいと、エンタメ感満載のライブで年間200本近くステージに立ち、各地でリピーターが増加している。2019年5月29日に11枚目のアルバム「浪花OVER-BLOW」と「ミナミの帝王ZEROサウンドトラック」同時発売。

参加校

企画に参加した名古屋市内の高校をご紹介


名古屋市立向陽高校
名古屋市工業高校
名古屋市工芸高校

収録の模様

各学校の収録の模様をご紹介