文字の大きさ 小 中 大  ご意見・お問合せ サイトマップ Home
名古屋市文化振興事業団
名古屋能楽堂
名古屋城の正門前。世界遺産の能・狂言などの伝統芸能の他、国際会議や結婚式など様々な催しにもご利用いただけます。
所在地
名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
TEL 052-231-0088   FAX 052-231-8756
メールアドレス

アクセスマップ  
客席数:630席
開館時間・申込方法 →
利用料金表 →
施設内容・フォトギャラリー →
催し物予定表 →
空き状況検索(能舞台)   
     (会議室・けい古室)  

利用案内

座席表

舞台図面

舞台備品

照明設備

音響設備


施設からの最新情報などはfacebookにてお知らせしています。

公演情報   展示室   舞台公開日
ご案内
名古屋能楽堂 レストラン変更のお知らせ

平成28年4月21日より、
しら河別邸 日本料理 大森」に変更となりました。

電  話: 052-218-2220

営業時間: 9:00〜17:00(〜5月15日、夜は予約営業)
      ※5月16日より夜も営業します

カフェタイム:9:00〜11:00 および 15:00〜17:00

年中無休(年末年始のみ休業)

※駐車場はございませんので、名城公園正門前駐車場(180円/30分、8:45〜21:30)をご利用ください。

 

名古屋能楽堂地下けい古室の利用料金の値下げについて

平素は名古屋能楽堂をご利用いただき、誠にありがとうございます。
平成26年度からの4年間、私ども名古屋市文化振興事業団が指定管理者として選任され、引き続き名古屋能楽堂の管理運営を行うこととなりました。皆様の日頃のご理解・ご協力に感謝申し上げます。
その計画に基づき、平成27年4月1日以降のご利用分につきまして、けい古室のご利用料金を下記の通り値下げいたしまして、皆様によりお使いいただきやすい利用料金とします。
なお、平成27年3月31日以前のけい古室利用料金につきましては、従来の金額が適用となります。皆様におかれましては、ぜひ名古屋能楽堂けい古室をご利用いただきますよう、お願い申し上げます。

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL :052-231-0088 FAX :052-231-8756 (担当:鈴木、赤羽)

けい古室の利用料金の値下げについて
<<<詳細はこちら

能楽友の会募金(寄付金)のご案内

名古屋能楽堂では、上質で低料金な「定例公演」を始め、
「夏休み親子能楽堂まつり」、「小中学生芸術鑑賞会」などの次世代育成のための事業、
無料で開催している「新春謡初め公演」など、さまざまな事業を行っております。

今後、事業を継続して開催できるよう、また更なる日本の伝統文化の普及・振興のため皆様からのご支援ご協力いただきますようお願い申し上げます。

個人:1口 1,000円から
法人:1口10,000円から

右記、申込書により、3口以上の募金をいただいた場合は、
定例公演等における当日配布印刷物において、
お名前・法人名等を協力者名として平成28年3月までご提示いたします。

また、記念として、名古屋能楽堂オリジナルグッズ「能面ぬり絵」1点をプレゼントいたします。

皆様の暖かいご支援を文化事業に!
日本の伝統文化を次世代に!!

問 合: 名古屋能楽堂 〒460-000 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号 
     TEL: 052-231-0088 FAX: 052-231-8756  Email: nohgakudo@bunka758.or.jp

kihukin
<<<詳細はこちら


kihukin
<<<詳細はこちら

公演情報   展示室   舞台公開日


施設事業のご案内

名古屋能楽堂 平成28年度 定例公演事前学習講座のご案内
平成28年度定例公演の能の演目についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

講 座 日 チケット発売日
5月定例公演 4月30日(土)14:00〜15:30 3月15日(火)
7月定例公演 6月18日(土)14:00〜15:30 5月2日(月)
9月定例公演【一部】 8月20日(土)10:00〜12:00 7月1日(金)
9月定例公演【二部】 8月20日(土)13:30〜15:30 7月1日(金)
10月定例公演 10月8日(土)14:00〜15:30 8月19日(金)
12月定例公演 11月19日(土)14:00〜16:00 10月4日(火)
正月特別公演 12月17日(土)14:00〜16:00 11月2日(水)
3月定例公演 2月18日(土)14:00〜15:30 12月27日(火)
※日程や時間については、変更となる場合もございます。
学習講座は平成28年よりチケット制となります
チケット代:一般(中学生以上)      1,000円
      友の会・障がい者(手帳呈示) 900円
      定例公演セット券(※)      500円
       ※該当の定例公演チケットと同時購入に限り、
        講座チケット500円(セット券)・定例公演チケット1割引で販売いたします。

定  員: 60名

チケット取扱:■名古屋能楽堂 
         〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1 TEL 052-231-0088(チケット郵送可)
       ■名古屋市文化振興事業団チケットガイド
         TEL 052-249-9387(平日9:00〜17:00/チケット郵送可)
       ※市内13文化小劇場(瑞穂文化小劇場を除く)、
        芸術創造センター、青少年文化センターほか名古屋市文化振興事業団が管理する
        文化施設窓口<土日祝日も営業>でもお求めいただけます。
        (各館の休館日等については、ご来館前にお問い合わせください。)
平成28年度 名古屋能楽堂 小中学生芸術鑑賞会 狂言「附子」/半能 「殺生石」(解説付)

日時: 平成28年 6月28日(火)【午前の部】10:00〜11:35 (開場 9:30) ※残席なし
                【午後の部】13:30〜15:05 (開場 13:00) ※残席約400席

         6月29日(水)【午前の部】10:00〜11:35 ※残席約180席
                【午後の部】13:30〜15:05 ※残席約260席

        11月29日(火)【午前の部】10:00〜11:35 ※残席約450席 
                【午後の部】13:30〜15:05 ※残席約500席

        11月30日(水)【午前の部】10:00〜11:35 ※残席約200席
                【午後の部】13:30〜15:05 ※残席約490席

内容: 第1部 狂言の解説(10分)  狂言「附子」(25分)
     〈休憩10分〉
     第2部 能の解説(10分)   半能 「殺生石」(20分)
    質問コーナー(15分)
※参加校には鑑賞会パンフレットを事前にお届けします。
※学校単位での申し込みとなります。個人でのお申し込みはいただけませんので、ご注意下さい。
※鑑賞する場所はお選びいただけません。能舞台はその構造上、柱によって舞台の一部が見えにくい場所がございます。ご了承の上、お申し込みください。

出演: 公益社団法人能楽協会 名古屋支部

対象: 名古屋市内及び名古屋市近郊の小学校5・6年生及び中学生(学校単位での申し込みとなります。)

主催: 名古屋市文化振興事業団(名古屋能楽堂)・能楽協会名古屋支部

参加費用: 生徒一人当たり500円(学校一括納付)
※保護者の方も生徒と同額の参加費にてご鑑賞いただけますので、この機会にぜひご参加ください。
(保護者の方は当日窓口でお支払いをお願いします。)
※銀行振込の場合、振込手数料は学校負担

問合・申込: 名古屋能楽堂 TEL052-231-0088  FAX052-231-8756



●事前出張教室開催のご案内●(「小中学生芸術鑑賞会」の参加申込校対象)
内容: 各学校に能楽師が出向いて芸術鑑賞会の半能「殺生石」の見どころを中心に能の楽しさを講義します。
日時: 前期(6月28日・29日)、後期(11月29日・30日)の1ヶ月前頃の各学校の希望日時(時間は45分程度)
対象: 「小中学生芸術鑑賞会」参加申込校
講師: 能楽師1名
費用: 無料(芸術鑑賞会参加費に含む)
申込: 「小中学生芸術鑑賞会」参加申込書の所定欄にご記入いただき、芸術鑑賞会と一緒にお申し込みください。

●狂言「附子」(ぶす)
主人は外出するにあたり、太郎冠者・次郎冠者という二人の召使いに留守番を言い付けます。主人は二人に桶を預けて、「これは『附子』というもので、吹く風に触れるだけでも滅却(めっきゃく)(=死)に値するほどの猛毒だから、注意しながら留守番をするように」と云い置いて出掛けます。
残された召使いは怖々と見張りながらも、段々と附子の中身が気になって・・・。

●半能「殺生石」(せっしょうせき)
那須野を行く修行僧の前に現われた妖気を帯びた女は、生き物の命を奪う石のいわれを説明し、自分はその石魂だと明かして石に隠れてしまいます。
―中入― 修行僧が石に向って仏事をすると、二つに割れた石から妖怪が出現。天竺、唐土、日本の三国に転生して祟り、この那須野で退治され、執心が石になったと語りますが、今の仏事のおかげで改心すると約束し消えていきます。
※今回は半能ですので、中入後のみの演能となります。

☆平成28年度定例公演のご案内☆

平成28年度の定例公演は、「能・狂言が描く“愛と恋”」と題して、能楽の中に描かれている様々な愛の姿、恋の形にスポットを当てた演目を揃えました。演劇としての能楽をとおして、何百年前も今も変わらぬ普遍的な人の心に共感してみてはいかがでしょうか。
皆様お誘い合わせのうえお越しくださいますようご案内申し上げます。

上演作品、日時などについての詳細は右記のチラシをご覧ください。→

定例公演はすべて無料のイヤホンガイド(日本語・英語)付き。檜の香り溢れる異空間で日本が世界に誇る伝統文化「能楽」をご鑑賞いただけます。 公演の2週間ほど前には「事前学習講座」も開催します。

皆さまのご来館をお待ちしております。

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL :052-231-0088 FAX :052-231-8756

nogakudo2015teireikouen
<<拡大

公演情報   展示室   舞台公開日
名古屋能楽堂 七月定例公演 事前学習講座
【 7月定例公演 能「鉄輪」の解説講座 】
講師:三苫佳子(愛知産業大学短期大学非常勤講師)
7月定例公演の能の演目「鉄輪」のあらすじや見どころを解説します。

日 時: 平成28年6月18日(土) 13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: <全自由席>
     中学生以上 1,000円 
     ※7月3日(日)の7月定例公演とのセット券は500円。
     ※7月定例公演チケットと同時購入の場合、定例公演チケット1割引。

講 師: 三苫佳子(愛知産業大学短期大学非常勤講師)

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 5月2日(月)〜


七月定例公演〈市民能楽セミナー〉
 「能・狂言が描く“愛と恋”」

平成28年度の定例公演は、「能・狂言が描く“愛と恋”」と題して、能楽の中に描かれている様々な愛の姿、恋の形にスポットを当てた演目を揃えました。能楽を通して、何百年前も今も変わらぬ普遍的な人の心を感じてみてはいかがでしょうか。

7月定例公演では狂言「鏡男」、能「鉄輪」をお楽しみください。

日 時: 平成28年7月3日(日) 13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 解説「能楽への誘い 〜鉄輪の恋について〜」(30分)/鬼頭尚久
     狂言「鏡男」(和泉流)/シテ 今枝郁雄
     能「鉄輪」(金春流)/シテ 本田布由樹

料 金: 指定席3,100円、自由席(一般)2,100円、自由席(学生)1,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可
     ※6月18日の事前学習講座とのセット券は1割引き

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 5月2日(月)〜


能「鉄輪」
撮影:三上文規

名古屋能楽堂 バックステージツアー
 「舞台に立ってみませんか」

「能舞台」はどんなところか見てみたい。
皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は舞台にお上がりいただき、普段は入ることのできない楽屋にもご案内します。能面体験もあり、能楽堂ならではのバックステージツアーです。
この機会に特別な体験をしてみませんか。

日 時: 平成28年7月9日(土) 13:15開場 13:30〜

場 所: 名古屋能楽堂 舞台 

参加料: 300円(参加当日にお支払いください。)
     ※参加料はお釣りの無いようご用意ください。

服 装: ・白足袋は必ずご持参下さい。
      ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。
     ・裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーに
      ご参加いただけませんのでご注意ください
     ・動きやすい服装でお越しください。

定 員: 40名 (申し込み先着順)

応募方法: 郵便はがき、FAXにて
       @郵便番号
       A住所
       B氏名(ふりがな)
       C電話番号
       D7月9日バックステージツアー希望
      をご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
        名古屋能楽堂 能楽講座<バックステージツアー>係 
        TEL 052-231-0088  FAX 052-231-8756

名古屋能楽堂 バックステージツアー
「舞台に立ってみませんか」
<<<拡大
名古屋能楽堂 夏休み親子能楽堂まつり
 〜能・狂言ってなんだろう?能楽の世界に親子で挑戦!〜
能舞台に立ってみませんか?
謡・仕舞の練習、狂言・楽器(笛・小鼓・大鼓・太鼓)の体験、仕舞のミニ発表会があります。
夏休みの思い出に、ぜひご家族でご参加ください!

日 時: 平成28年7月21日(木)・22日(金)
     10:00〜15:30<※一日ごとの募集です>

会 場: 名古屋能楽堂

受講料: 親子1組1日1,100円
     (追加の場合 子ども1人300円、大人1人900円)

定 員: 各30組60名(定員を超えた場合は抽選となります。) 

応募方法: 郵便はがき、FAXにて
       @希望日
       A住所
       B氏名(親子とも ※要フリガナ)
       C電話番号
       D学年
       E性別
      をご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。


応募期限: 平成28年6月30日(木)<必着>

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
          名古屋能楽堂 「夏休み親子能楽堂まつり」係
          TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756


未来の鑑賞者育成事業
 野村萬斎の「狂言であそぼ」

次世代の文化を担っていく子供たちのための“未来の鑑賞者育成事業”。
なんと今年はあの野村萬斎師が名古屋能楽堂にやってきます!
お子様にもわかりやすい狂言を楽しいワークショップ付きでお届けします。
ワークショップの内容は子ども向けですが、もちろん大人のお客様も大歓迎です。
日本の伝統文化「狂言」の魅力を体感するチャンスです!

日 時: 平成28年8月5日(金) 13:15開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言ワークショップ  高野 和憲
     狂言「蝸牛(かぎゅう)」/深田 博治 他
       「六地蔵(ろくじぞう)」/野村 萬斎 他

料 金: <全指定席>2,500円
     ※友の会会員、障がい者手帳呈示の方は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 5月24日(火)〜


野村萬斎

名古屋能楽堂 九月定例公演〈一部〉〈二部〉事前学習講座
9月定例公演〈一部〉、〈二部〉の能の演目のあらすじや見どころを解説します。

日 時: 平成28年8月20日(土)
     〈一部〉9:30開場 10:00開始
     〈二部〉13:00開場 13:30開始

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: <全自由席>※未就学児入場不可。
     〈一部〉〈二部〉各中学生以上 1,000円→友の会会員900円 

     ※9月4日(日)の『9月定例公演〈一部〉〈二部〉』該当チケットと
      同時購入の場合、講座セット券500円。
     ※9月定例公演チケットと同時購入の場合、定例公演チケット1割引。

講 師: 『9月定例公演〈一部〉』 能「巴」「杜若」の解説講座
       米田 真理(朝日大学経営学部教授)
     『9月定例公演〈二部〉』能「班女」「船橋」の解説講座
       林 和利(名古屋女子大学教授)

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 7月1日(金)〜


公演情報   展示室   舞台公開日
名古屋能楽堂 展示室企画展

開館時間: 9:00〜17:00 (最終日は15:00まで)
      <入場無料>
主  催: 公益財団法人名古屋市文化振興事業団<名古屋能楽堂>


5月 「女郎花」展
今回は5月定例公演の能の演目「女郎花」をテーマに展示を行います。
後シテの小野頼風の霊が身に着ける装束や能面など、計13点を展示します。
皆様のご来場をお待ちしております。

【主な展示物】
・単狩衣(ひとえかりぎぬ)「鉄地金銀霞模様単狩衣(てつじきんぎんかすみもようひとえかりぎぬ)」
・唐織(からおり)「赤地鳳凰模様唐織(あかじほうおうもようからおり)」   など


会 期: 平成28年4月29日(金・祝)〜5月31日(火) 
     9:00〜17:00(最終日は15:00まで)

 

4月 「春爛漫」展  ※終了しました
今回の展示室のテーマは、「春」です。
能楽堂所蔵品の中から、春に関連するものを展示いたします。
縫箔「薄茶地亀甲地紋に団扇花文様」、能面「若女」など計10点を展示します。
またあわせて、平成28年度定例公演のうち、京都を舞台とした演目をご紹介します。
皆様のご来場をお待ちしております。

【主な展示物】
 ・「花折図(はなおりず)」(伊勢門水(いせもんすい) 筆)
 ・「能絵図(のうえず)」(文隆(ふみたか) 筆)   など

会 期: 平成28年3月25日(金)〜4月28日(木) 
     9:00〜17:00(最終日は15:00まで)

 
公演情報   展示室   舞台公開日
名古屋能楽堂 舞台公開日

名古屋能楽堂は、来館者に能舞台を無料で自由にご覧いただける「舞台公開日」を設けています。
皆様のご来館をお待ちいたしております。

【平成28年 5月の舞台公開日】 10:00〜16:00
1日(日)・6日(金)・12日(木)・16日(月)・25日(水)
(上記のうち、1日(日)、25日(水)それぞれ13:00〜16:00に
 ガイドボランティアを実施します。)

【平成28年 6月の舞台公開日】 10:00〜16:00
2日(木)・6日(月)・15日(水)・21日(火)・27日(月)
(上記のうち、15日(水)13:00〜16:00にガイドボランティアを実施します。)

公演情報   展示室   舞台公開日
以下の事業は終了しました
五月定例公演
 「能・狂言が描く“愛と恋”」

※終了しました
平成28年度の定例公演は、「能・狂言が描く“愛と恋”」と題して、能楽の中に描かれている様々な愛の姿、恋の形にスポットを当てた演目を揃えました。
演劇としての能楽をとおして、何百年前も今も変わらぬ普遍的な人の心を感じてみてはいかがでしょうか。

5月定例公演では狂言「水汲」、能「女郎花」をお楽しみください。

日 時: 平成28年5月15日(日) 13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言「水汲(みずくみ)」(和泉流)/シテ 野口隆行
     能「女郎花(おみなめし)」(喜多流)/シテ 長田驍

料 金: 指定席4,100円、自由席(一般)3,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 3月15日(火)〜


能「女郎花」
撮影:前島写真店

名古屋能楽堂 バックステージツアー
 「舞台に立ってみませんか」

※終了しました
「能舞台」はどんなところか見てみたい。
皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は実際に能面を付けて舞台を歩く能面体験付です。
この機会に貴重な体験をしてみませんか。

日 時: 平成28年4月29日(金・祝) 13:15開場 13:30〜

場 所: 名古屋能楽堂 舞台 

参加料: 300円(参加当日にお支払いください。)
     ※参加料はお釣りの無いようご用意ください。

服 装: ・白足袋は必ずご持参下さい。
      ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。
     ・裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーに
      ご参加いただけませんのでご注意ください
     ・動きやすい服装でお越しください。

定 員: 40名 (申し込み先着順)

応募方法: 郵便はがき、FAXにて
       @郵便番号
       A住所
       B氏名(ふりがな)
       C電話番号
       D4月29日バックステージツアー希望
      をご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
        名古屋能楽堂 能楽講座<バックステージツアー>係 
        TEL 052-231-0088  FAX 052-231-8756

名古屋能楽堂 バックステージツアー
「舞台に立ってみませんか」
<<<拡大
三月定例公演
 徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、家康ゆかりの演目を揃えました。
家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。
家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。

3月定例公演では狂言「雁大名」、能「山姥」をお楽しみください。

日 時: 平成28年3月5日(土) 13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言「雁大名」(和泉流)/シテ 井上松次郎
     能「山姥」(観世流)/シテ 久田

料 金: 指定席4,100円、自由席(一般)3,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 1月5日(火)


能「山姥」
撮影:ウシマド写真工房

名古屋能楽堂 平成27年度定例公演事前学習講座のご案内
平成27年度定例公演の能の演目についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

講 座 日
5月定例公演 5月2日(土)14:00〜15:30 ※終了しました
7月定例公演 6月20日(土)14:00〜15:30 ※終了しました
9月定例公演【一部】 8月22日(土)10:00〜12:00 ※終了しました
9月定例公演【二部】 8月22日(土)13:30〜15:30 ※終了しました
10月定例公演 10月3日(土)14:00〜15:30 ※終了しました
12月定例公演 11月14日(土)14:00〜16:00 ※終了しました
正月特別公演 12月12日(土)14:00〜16:00 ※終了しました
3月定例公演 2月20日(土)14:00〜15:30 ※終了しました
※日程や時間については、変更となる場合もございます。
受 講 料: 1,000円(一般)
      500円(チケット購入者)【各定例公演のチケットをご持参ください。
      (講座当日までの購入を対象とします。名古屋能楽堂でご購入いただいた方に限り、割引があります。)】

定  員: 60名 ※応募者多数の場合は抽選

応募方法: 普通はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期間: 各定例公演チケット発売日〜各講座2週間前 <当日消印有効>

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
      名古屋能楽堂 定例公演事前学習講座係
      TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756
名古屋能楽堂 3月定例公演 事前学習講座
※終了しました
3月定例公演の能「山姥」についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

日 時: 平成28年2月20日(土) 14:00〜15:30

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: 一般1,000円
     チケット購入者500円 【3月定例公演のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までの名古屋能楽堂でのご購入を対象とします。
      チケット代は1割引です。(他の割引との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定員: 60名 

応募方法: 通常はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期限: 平成28年2月6日(土)<当日消印有効>
      ※締切後、ご応募いただいた方全員に郵送にて当選結果をご連絡いたします。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
          名古屋能楽堂 3月定例公演事前学習講座係
          TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756


名古屋能楽堂 バックステージツアー
 「能楽師 清沢一政師 が皆さまをご案内いたします。」

※終了しました
「能舞台」はどんなところか見てみたい。皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は実際に能面を付けて舞台を歩く能面体験付です。
今回は能楽師が皆さまをご案内いたします。この機会に貴重な体験をしてみませんか。

日 時: 平成28年2月6日(土) 13:15開場 13:30~

場 所: 名古屋能楽堂 舞台 

参加料: 500円(参加当日にお支払いください。)
     ※参加料はお釣りの無いようご用意ください。

服 装: ・白足袋は必ずご持参下さい。
      ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。
     ・裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーに
      ご参加いただけませんのでご注意ください。
     ・動きやすい服装でお越しください。

定 員: 30名 (申し込み先着順)

応募方法: 郵便はがき、FAXにて
       @郵便番号
       A住所
       B氏名
       C電話番号
      をご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
        名古屋能楽堂 <2月6日バックステージツアー>係 
        TEL 052-231-0088  FAX 052-231-8756

正月特別公演
徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、家康ゆかりの演目を揃えました。

家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。
家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。

正月公演は、お正月にふさわしい祝言曲、能「翁」「竹生島」を、そして狂言は「鶏聟」を特別公演としてお贈りします。

日 時: 平成28年1月3日(日) 12:30開場 13:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 能「翁(おきな)」(観世流)/シテ 梅田邦久、千歳 久田勘吉郎、三番叟 奥津健太郎
     狂言「鶏聟(にわとりむこ)」(和泉流)/シテ 鹿島俊裕
     能「竹生島(ちくぶしま)」(観世流)/シテ 吉沢旭

料 金: 指定席5,200円、自由席(一般)4,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 11月4日(水)


撮影:杉浦賢次

名古屋能楽堂 新春謡初め

※終了しました
江戸時代、幕府の式楽であった能。毎年正月には藩主の前で謡初めが行われました。
当時謡われた「四海波」を始めとして、舞囃子・連吟・仕舞・狂言小舞・狂言小謡で賑やかに新年を祝います。
名古屋ならではの五流派揃い踏みです。

日 時: 平成28年1月2日(土) 13:00〜14:30 (開場12:30)

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

曲 目: 連吟「四海波」(宝生流)      
     舞囃子「高砂」(喜多流)
     狂言小舞「猿聟」(和泉流)    
     舞囃子「田村」(観世流)
     舞囃子「羽衣」(金剛流)     
     狂言小謡「猿唄」(和泉流)
     仕舞「安宅」(金春流)       
     舞囃子「猩々」(観世流)

入場料: 無料 <要整理券>
※整理券は12月11日(金)から、名古屋能楽堂及び名古屋市文化振興事業団チケットガイド(ナディアパーク八階・平日午前9時〜午後5時まで)他、事業団が管理する文化施設窓口でも配布(事業団チケットシステムによる発券)します。【お一人様2枚まで】

問 合: 名古屋能楽堂 TEL052-231-0088 (受付時間9:00〜17:00)
     年末年始は休館(12月29日〜1月1日)


<<<拡大

能楽おでかけワークショップ in 守山文化小劇場

※終了しました
能楽堂を離れ、守山文化小劇場で気軽に「狂言」「囃子」に触れられるワークショップを開催します。実際に、狂言のせりふや能の楽器(笛・小鼓・大鼓・太鼓)を体験してみませんか。
狂言「柿山伏」などは小学校の教科書でも取り上げられる程、身近なものになっています。
ワークショップ終了後に意外な発見があるかもしれませんよ。皆さまのご来場をお待ちしております。

日 時: 平成27年12月26日(土)  13:00〜15:30

会 場: 守山文化小劇場 TEL 052-796-1821

講 師: 井上松次郎(和泉流狂言方)、大野誠(藤田流笛方)、
     後藤嘉津幸(幸清流小鼓方)、河村眞之介(石井流大鼓方)、
     鬼頭義命(観世流太鼓方)

定 員: 55名(定員を超えた場合は抽選)

申 込: お電話またははがき(郵便番号・住所・氏名(ふりがなを記入)・電話番号・年齢)で   
     守山文化小劇場へお申込みください。FAX(052-796-1822)でも可。

申込締切: 12月12日(土)消印有効

参加費: 600円 ※白足袋をお持ちください

申込・問合先:  守山文化小劇場         
         〒463-0048 名古屋市守山区小幡南一丁目24番10号
         アクロス小幡3F 守山文化小劇場
         「能楽おでかけワークショップ」係
         TEL 052-796-1821 FAX052-796-1822

20151030
<<<拡大

名古屋能楽堂 バックステージツアー「舞台に立ってみませんか」

※終了しました
「能舞台」はどんなところか見てみたい。
皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は実際に能面を付けて舞台を歩く能面体験付です。
この機会に貴重な体験をしてみませんか。

日 時: 平成27年12月13日(日) 13:30〜(15分前開場)

場 所: 名古屋能楽堂 舞台   

参加料: 300円(参加当日にお支払いください。)

服 装: 白足袋を必ずご持参下さい。
     ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。
     ※裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーにご参加
      いただけませんのでご注意ください。
     ※動きやすい服装でお越しください。

定 員: 40名 (申し込み先着順)

応募方法: 郵便はがき、FAXにて
       @郵便番号
       A住所
       B氏名
       C電話番号
       D12月13日バックステージツアー希望
      ご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
        名古屋能楽堂 能楽講座<バックステージツアー>係 
        TEL 052-231-0088  FAX 052-231-8756

20151030
<<<拡大

名古屋能楽堂 正月特別公演事前学習講座
※終了しました
正月特別公演の能「翁」「竹生島」についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

日 時: 平成27年12月12日(土) 14:00〜16:00

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: 一般1,000円
     チケット購入者500円 【正月特別公演のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までの名古屋能楽堂でのご購入を対象とします。
      チケット代は1割引です。(他の割引との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定員: 60名 

応募方法: 通常はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期限: 平成27年11月28日(土)<当日消印有効>
      ※締切後、ご応募いただいた方全員に郵送にて当選結果をご連絡いたします。

申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
          名古屋能楽堂 正月特別公演事前学習講座係
          TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756


十二月特別公演
徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、家康ゆかりの演目を揃えました。
家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。

家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。

日 時: 平成27年12月6日(日) 12:00開場 12:30開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言「髭櫓(ひげやぐら)」(和泉流)/シテ 野村又三郎
     能「玉葛(たまかずら)」(宝生流)/シテ 玉井博name
     能「船弁慶(ふなべんけい)」(観世流)/シテ 瀬戸洋子
     舞囃子「安宅(あたか)」(金剛流)/シテ 熊谷眞知子

料 金: 指定席5,200円、自由席(一般)4,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 10月6日(火)


撮影:杉浦賢次

平成27年度 名古屋能楽堂 小中学生芸術鑑賞会 狂言「柿山伏」/半能 「殺生石」(解説付)

※終了しました
日 時: 平成27年6月30日(火) 【午前の部】10:00〜11:30 (開場 9:30) 
                【午後の部】13:30〜15:00 (開場 13:00)

            7月1日(水) 【午前の部】10:00〜11:30 
                【午後の部】13:30〜15:00 

          12月1日(火)【午前の部】10:00〜11:30 
※残席なし
                【午後の部】13:30〜15:00 
※残席420席一般の方のご参加を募集いたします。 
         
          12月2日(水)【午前の部】10:00〜11:30 ※残席なし
                【午後の部】13:30〜15:00 
※残席なし

内 容: 第1部 狂言の解説(10分)  狂言「柿山伏」(20分)     
     〈休憩10分〉      
     第2部 能の解説(10分)   半能 「殺生石」(20分)    
         質問コーナー(15分)
     ※参加校には鑑賞会パンフレットを事前にお届けします。
     ※鑑賞する場所はお選びいただけません。能舞台はその構造上、柱によって舞台の一部が見えにくい場所がございます。
      ご了承の上、お申し込みください。

出  演: 公益社団法人能楽協会 名古屋支部

対  象: 名古屋市内及び名古屋市近郊の小学校6年生及び中学生(学校単位でのお申し込みとなります。)

主  催: 名古屋市文化振興事業団(名古屋能楽堂)・能楽協会名古屋支部

参加費用: 生徒一人当たり500円(学校一括納付)
      ※保護者の方も生徒と同額の参加費にてご鑑賞いただけますので、この機会にぜひご参加ください。
      (保護者の方は当日窓口でお支払いをお願いします。)

※12月1日(火)13:30〜15:00 に実施する鑑賞会においてお席に空きがでましたので、下記のとおり一般の方のご参加を募集いたします。 この機会にぜひ、ご覧ください。

◇参加費用  一人当たり1000円 (事前申込制 当日現金払い※お釣りのないようにご用意ください)
◇参加申込  先着順 電話番号・名前・人数を能楽堂までお電話にてお伝えください。         
       最終受付 11月30日(月)まで

問合・申込:名古屋能楽堂 TEL052-231-0088  FAX052-231-8756


●事前出張教室開催のご案内●(「小・中学生芸術鑑賞会」の参加申込校対象)

内 容: 各学校に能楽師が出向いて芸術鑑賞会の半能「殺生石」の見どころを中心に能の楽しさを講義します。

日 時: 前期(6月30日・7月1日)、後期(12月1日・2日)の1ヶ月前頃の各学校の希望日時(時間は45分程度)

対 象: 「小中学生芸術鑑賞会」参加申込校

講 師: 能楽師1名

費 用: 無料(芸術鑑賞会参加費に含む)

申 込: 「小中学生芸術鑑賞会」参加申込書の所定欄にご記入いただき、芸術鑑賞会と一緒にお申し込みください。

●狂言「柿山伏」(かきやまぶし)
山伏が修行からの帰り道に柿畑をみつけ、柿の木によじ登って柿を食べていると、柿主に見つかってしまいます。あわてて隠れますが、犬や猿だとからかわれ、その都度真似をしていると、ついには鳶にされてしまい・・・。

●半能「殺生石」(せっしょうせき)
那須野を行く修行僧の前に現われた妖気を帯びた女は、生き物の命を奪う石のいわれを説明し、自分はその石魂だと明かして石に隠れてしまいます。
―中入― 修行僧が石に向って仏事をすると、二つに割れた石から妖怪が出現。天竺、唐土、日本の三国に転生して祟り、この那須野で退治され、執心が石になったと語りますが、今の仏事のおかげで改心すると約束し消えていきます。
※今回は半能ですので、中入後のみの演能となります。

名古屋能楽堂 12月特別公演事前学習講座

※終了しました
12月特別公演の能「玉葛」「船弁慶」についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

日 時: 平成27年11月14日(土) 14:00〜16:00

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: 一般1,000円 チケット購入者500円 【12月定例公演のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までの名古屋能楽堂でのご購入を対象とします。チケット代は1割引です。
      (他の割引との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定 員: 60名

応募方法: 通常はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、         
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期限: 平成27年10月31日(土)<当日消印有効>
       <当日消印有効> ※締切後、ご応募いただいた方全員に郵送にて当選結果をご連絡いたします。

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1           
      名古屋能楽堂 12月定例公演事前学習講座係           
      TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

名古屋能楽堂「古典の日」舞台公開 
名古屋能楽堂へようこそ 〜能の謡(うたい)を体験しよう!〜

※終了しました
能楽は700年近い歴史を持つ、日本独自の伝統芸能です。今回は能を上演するうえで不可欠な「謡」の体験とバックステージツアーの豪華2本立てでお贈りします。謡は物語としての要素も含まれ、体験してみると印象が変わります。是非この機会に能楽堂へ足を運んでみませんか。

日 程: 平成27年10月31日(土)
       @10:00〜11:30 A10:30〜12:00
       ※班分けにより集合時間が異なります。(15分前開場) 

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 

内 容: 能の謡の体験 「高砂」
     バックステージツアー 「焙じ室」「楽屋」「装束の間」「作り物倉庫」など 
     ※舞台・鏡の間は廊下からの見学となります

講 師: 衣斐愛(能楽師:宝生流シテ方)

入場料: 無料 定員は60名限定(30名×2班 先着)
     ※必ず靴下をご着用ください。靴下をお忘れの方は楽屋へ入れません。
     ※班分けのご希望はお受けできません。 
     ※対象は小学生以上です。
    
応募方法: 郵便はがき、FAXにて
      @郵便番号・A住所・B氏名・C電話番号
      をご記入のうえ名古屋能楽堂までお申し込みください。


申込・問合先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
        名古屋能楽堂 〈古典の日〉係 
        TEL 052-231-0088  FAX 052-231-8756

20151030
<<<拡大

名古屋能楽堂 能楽講座<上級>

※終了しました。
能は鑑賞楽しみのほか、“実演する楽しみ”もあります。全5回の講座では、能のエッセンスである「謡(うたい)」「仕舞(しまい)」を毎回講師がわかりやすく丁寧に指導いたします。最終日には、能舞台でのミニ発表会もあり楽しく能を体験できる貴重な機会です。どなたでもお気軽にご参加ください。

日 時: 平成27年10月1日、8日、15日、 22日、29日 (毎週木曜日)
     14:00〜16:00    

会 場: 名古屋能楽堂 けい古室・舞台

受講料: 5,200円 ※全5回通し

定 員: 20名
     ※応募者多数の場合は抽選となります。あらかじめご了承ください。

応募方法: 郵便はがき、FAXにて@郵便番号・A住所・B氏名・C電話番号 ご記入のうえ
      名古屋能楽堂までお申し込みください。

応募期限: 平成27年9月10日(木)当日消印有効 

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
            名古屋能楽堂 能楽講座<上級>係
            TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

nougakudo201510jokyukouza
<<<拡大

十月定例公演
徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、
家康ゆかりの演目を揃えました。家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、
その鑑識眼は相当のものであったようです。

家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう
当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。

10月定例公演では狂言「狐塚(きつねづか)」、能「藤戸(ふじと)」を
開演前のショート解説付でお楽しみください。

日 時: 平成27年10月16日(金) 18:00開場 18:30開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言「狐塚」(和泉流)/シテ 野口隆行
     能「藤戸」(宝生流)/シテ 衣斐正宜

料 金: 指定席4,100円、自由席(一般)3,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 8月14日(金)

noh-20150906
撮影:瀬野雅樹

名古屋能楽堂 10月定例公演事前学習講座

※終了しました
10月定例公演の能「藤戸」についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

日 時: 平成27年10月3日(土)
     14:00〜15:30

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: 一般1,000円 チケット購入者500円 【10月定例公演のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までの名古屋能楽堂でのご購入を対象とします。チケット代は1割引です。
      (他の割引との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定 員: 60名

応募方法: 通常はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、         
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期限: 平成27年9月19日(土)<当日消印有効>
       <当日消印有効> ※締切後、ご応募いただいた方全員に郵送にて当選結果をご連絡いたします。

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1           
      名古屋能楽堂 10月定例公演事前学習講座係           
      TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

平成27年度 能楽堂ワンコインコンサート
マリンバアンサンブルの夕べ
〜マリンバ奏者・石田まり子さんを偲んで“思い出の曲”をたどる〜

※終了しました
名古屋能楽堂がお届けする、年に1回の特別企画。神聖な能舞台でのコンサートがワンコイン(500円)でお聴きいただけます。
今回のコンサートは、今年コンサートを行っていただく予定だった
マリンバ奏者の石田まり子さんが2月に逝去されたため、
まり子さんを偲んで親交のあった出演者により思い出の曲をたどります。
能楽堂ならではの厳かな雰囲気と、心地よいマリンバアンサンブルの響きをお楽しみください。

日 時: 平成27年9月11日(金) 18:30開場 19:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

料 金: <全自由席>500円
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

出 演: マリンバ/星律子、間瀬早綾香、近藤幹夫
     ヴィオラ/小中能会真
     コントラバス/榊原利修  
     ピアノ/片山奈津  
     クラリネット/瀬戸和夫

曲 目: スラブ舞曲集より(ドヴォルザーク) アランフェス協奏曲より(ロドリーゴ)
     ハンガリー舞曲第6番(ブラームス) ガーナイア(M,シュミット) 鮫(ピアソラ)
     ヘンデルの主題によるパッサカリア(ハルヴォンセン) Uta W.Z(山川あをい)
     黒い瞳(ロシア民謡)   …他

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 7月3日(金)

noh-20150906

九月定例公演〈能楽普及公演〉
徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、
家康ゆかりの演目を揃えました。
家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。
家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう
当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。
9月定例公演一部では能「養老」「千手」、二部は能「橋弁慶」「葵上」を
能楽普及公演としてお贈りします。

日 時: 平成27年9月6日(日)
     一部 9:30開場 10:00開演、二部 14:00開場 14:30開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 
【一部】能「養老(ようろう)」(喜多流)/シテ 長田郷
    狂言「口真似(くちまね)」(和泉流)/シテ 伊藤泰
    能「千手(せんじゅ)」郢曲之舞(観世流)/シテ 久田三津子、久田
【二部】能「橋弁慶(はしべんけい)」(観世流)/シテ 八神孝充
    狂言「仏師(ぶっし)」(和泉流)/シテ 今枝郁雄 
    舞囃子「唐船(とうせん)」(金剛流)/シテ 加藤かおる
    能「葵上(あおいのうえ)」(宝生流)/シテ 衣斐愛

料 金: <一部・二部 各>
     指定席4,100円、自由席(一般)3,100円、自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※チケット発売日: 7月3日(金)

noh-20150906
撮影:杉浦賢次

名古屋能楽堂 バックステージツアー「舞台に立ってみませんか」

※終了しました
「能舞台」はどんなところか見てみたい。皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は実際に能面を付けて舞台を歩く能面体験付です。この機会に貴重な体験をしてみませんか。
日  時: @平成27年7月31日(金) 13:30〜(15分前開場)
        ※定員に達したため応募を締め切りました。

      A平成27年8月30日(日) 13:30〜(15分前開場)
        ※定員に達したため応募を締め切りました。

会  場: 名古屋能楽堂 舞台 

参 加 料 : 300円(参加当日にお支払いください。)
      ※参加料はお釣りの無いようご用意ください。

服  装: ・白足袋は必ずご持参下さい。
       ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。        
       ・裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーにご参加 いただけませんので
        ご注意ください。
       ・動きやすい服装でお越しください。  

定  員: 各40名(申し込み先着順) 

応募方法: 郵便はがき、FAXにて@郵便番号・A住所・B氏名・C電話番号
      D上記日程のうち希望日をご記入いただき名古屋能楽堂までお申し込み ください。

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
      名古屋能楽堂 能楽講座<バックステージツアー>係
      TEL:052-231-0088
      FAX:052-231-8756

nougakudo20150529
<<<拡大

名古屋能楽堂 九月定例公演事前学習講座<一部><二部>

※終了しました
九月定例公演の能の演目についてより深く味わっていただくために、
事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、
映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

<一部>
日 時: 平成27年8月22日(土) 10:00〜12:00
演 目: 能「養老」・能「千手」

<二部>
日 時: 平成27年8月22日(土) 13:30〜15:30
演 目: 能「橋弁慶」・能「葵上」

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

受講料: <一部・二部 各>
     一般1,000円
     チケット購入者500円 【9月定例公演 各<一部>・<二部>のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までのご購入を対象とします。
      能楽堂での購入の場合チケット代は1割引です。(他券との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定 員: 各60名 ※応募者多数の場合は抽選

応募方法: はがきに住所・氏名・電話番号・<一部><二部>をご記入のうえ、
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可
      (一部・二部ともお申し込みの方はその旨を明記してください)

応募期限: 平成27年8月8日(土)<当日消印有効>

申込先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
     名古屋能楽堂 9月定例公演<一部><二部>事前学習講座係
     TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

名古屋能楽堂 能楽講座<初級>

※終了しました
全6回の講座では、毎回講師がわかりやすく、時には実演を交えながら能楽や能楽鑑賞のための基礎知識について解説し、最終日には検定試験もあり能楽を楽しく学べます。受講後には、きっと『能楽』を身近に感じることができるでしょう。

日 時: 平成27年7月14日(火)、21日(火)、28日(火)        
         8月4日(火)、11日(火)、18日(火)

会 場: 名古屋能楽堂 会議室

受講料: 3,600円 ※検定試験を含む全6回通し

定 員: 60名 (応募者多数の場合は抽選)

応募方法: 郵便はがき、FAXにて@郵便番号・A住所・B氏名・C電話番号 ご記入のうえ
      名古屋能楽堂までお申し込みください。

応募期限: 平成27年6月23日(火)消印有効 

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
            名古屋能楽堂 能楽講座<初級>係
            TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

20150307~0326
<<<拡大

名古屋能楽堂 夏休み親子能楽堂まつり 
 〜能・狂言ってなんだろう?能楽の世界に親子で挑戦!〜

※終了しました
能舞台に立ってみませんか?謡・仕舞の練習、狂言・楽器(笛・小鼓・大鼓・太鼓)の体験、
仕舞のミニ発表会があります。

日 時: 平成27年7月22日(水)・23日(木)
     10:00〜15:30<※一日ごとの募集です>

受講料: 親子1組1日1,100円(追加の場合 子ども1人300円、大人1人900円)

定 員: 各30組60名(定員を超えた場合は抽選となります。)

応募方法: はがきに≪希望日・住所・氏名(親子とも※要フリガナ)・電話番号・学年・性別≫を
      ご記入のうえ、名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファックス可

応募期限: 平成27年7月1日(水)<必着>

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1
            名古屋能楽堂 「夏休み親子能楽堂まつり」係
            TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

20150307~0326
<<<拡大

名古屋能楽堂 能楽ワークショップ<囃子> 〜能の囃子に挑戦しませんか〜

※終了しました
能舞台正面の後座に着座する四人のオーケストラ。向かって右から笛(能管)・小鼓・大鼓・太鼓の四拍子です。能の楽器に触れることが初めてという方も以前の再チャレンジという方も、大歓迎です!今回、お仕事帰りにも参加していただける18時30分からの開催です。プロの能楽師が丁寧に指導しますので、お気軽にご参加ください。
※定員に達したため応募を締め切り致しました。
日  時: 平成27年6月2日(火)・4日(木)・9日(火)・11日(木)・16日(火)      
       18:30〜20:15/全5回

受 講 料 :  3,100円(5回通し)

定  員: 30名 ※応募者多数の場合は抽選

応募方法: はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、         
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファックス可  

応募期限: 平成27年5月12日(火)<必着>

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
      名古屋能楽堂 能楽ワークショップ <囃子>係
      TEL:052-231-0088 FAX:052-231-8756

名古屋能楽堂 7月定例公演事前学習講座

※終了しました
7月定例公演の能「清経」についてより深く味わっていただくために、事前に知っておきたいストーリーの展開や大切な場面、
登場人物のキャラクターや能面・装束について、映像等をご覧いただきながらわかりやすく解説します。

日 時: 平成27年6月20日(土)
     14:00〜15:30

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

講 師: 三苫 佳子(愛知産業大学短期大学非常勤講師)

受講料: 一般1,000円 チケット購入者500円 【7月定例公演のチケットをご持参ください。】
     ※講座当日までの名古屋能楽堂でのご購入を対象とします。チケット代は1割引です。
      (他の割引との併用不可。返金対応なし。)
     ※当選後のキャンセルが重なった場合は、次回以降の割引購入をお断りする場合があります。

定 員: 60名

応募方法: 通常はがきに住所・氏名・電話番号をご記入のうえ、         
      名古屋能楽堂までお申し込みください。 ※ファクス可

応募期限: 平成27年6月6日(土)<当日消印有効>
       <当日消印有効> ※締切後、ご応募いただいた方全員に郵送にて当選結果をご連絡いたします。

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸1-1-1           
      名古屋能楽堂 7月定例公演事前学習講座係           
      TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

七月定例公演〈市民能楽セミナー〉
 徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、家康ゆかりの演目を揃えました。家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。7月定例公演では狂言「梟山伏」、能「清経」をお楽しみください。

日 時: 平成27年7月5日(日)
     13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 解説「清経(きよつね)」について(30分)/吉沢旭
     狂言「梟山伏(ふくろうやまぶし)」(和泉流)/シテ 松田義
     能「清経」(観世流)/シテ 清沢一政

料 金: 指定席3,100円、
     自由席(一般)2,100円、
     自由席(学生)1,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※前売り発売日: 5月1日(金)〜

20150307~0326
撮影:杉浦賢次

名古屋能楽堂 バックステージツアー「舞台に立ってみませんか」

※終了しました
「能舞台」はどんなところか見てみたい。皆様からのお声にお応えし、能楽堂バックステージツアーを開催いたします。
白足袋を持参された方は実際に能面を付けて舞台を歩く能面体験付です。この機会に貴重な体験をしてみませんか。
※定員に達したため応募を締め切り致しました。
日  時: 平成27年5月29日(金) 13:30〜(15分前開場)

会  場: 名古屋能楽堂 舞台 

参 加 料 : 300円(参加当日にお支払いください。)
      ※参加料はお釣りの無いようご用意ください。

服  装: ・白足袋は必ずご持参下さい。
       ※白足袋をお忘れの場合は、能舞台及び鏡の間への立入りは不可となります。        
       ・裸足、ストッキング、薄手の靴下等ではバックステージツアーにご参加 いただけませんので
        ご注意ください。
       ・動きやすい服装でお越しください。  

定  員: 40名(申し込み先着順) 

応募方法: 郵便はがき、FAXにて@郵便番号・A住所・B氏名・C電話番号
      D5月29日バックステージツアー希望をご記入のうえ
      名古屋能楽堂までお申し込みください。

申込み先: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
      名古屋能楽堂 能楽講座<バックステージツアー>係
      TEL:052-231-0088
      FAX:052-231-8756

nougakudo20150529
<<<拡大

五月定例公演
 徳川家康公没後400年記念「家康ゆかりの能」

※終了しました
名古屋能楽堂定例公演では、本年度のテーマを徳川家康公没後400年を記念として、家康ゆかりの演目を揃えました。
家康は演じるだけでなく、観ることも大いに楽しみ、その鑑識眼は相当のものであったようです。家康が生涯の様々な場面で触れた能・狂言を通じ、同じ演目を観たであろう当時の人々に思いを巡らしてみてはいかがでしょうか。5月定例公演では狂言「長光」、能「雲林院」をお楽しみください。

日 時: 平成27年5月17日(日)
     13:30開場 14:00開演

会 場: 名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088

演 目: 狂言「長光(ながみつ)」(和泉流)/シテ 佐藤融
     能「雲林院(うんりんいん)」(喜多流)/シテ 長田驍 

料 金: 指定席4,100円、
     自由席(一般)3,100円、
     自由席(学生)2,100円
     ※自由席のみ当日500円増 
     ※友の会会員は1割引き
     ※名古屋能楽堂・名古屋市文化振興事業団チケットガイド・事業団施設窓口の前売りのみ
     ※未就学児入場不可

問 合: 〒460-0001 名古屋市中区三の丸一丁目1番1号
     名古屋能楽堂 TEL 052-231-0088 FAX 052-231-8756

※前売り発売日: 3月17日(火)〜

20150307~0326
能「雲林院」 写真提供:長田驍


当ホームページ内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は公益財団法人名古屋市文化振興事業団に帰属します。
Copyright ©  2011 Nagoya City Cultural Promotion Agency. All Rights Reserved.