財団の取り組み

みる・まなぶ・ダンス!

2022年02月09日

事業団では、名古屋市立幼稚園の主に年長児を対象としたダンスワークショップ「みる・まなぶ・ダンス!」を、2019年4月より開始しました。
名古屋を中心に活躍する現代舞踊家が幼稚園に出向き、子どもたちと一緒に体を動かし表現することにより、想像力や表現力、コミュニケーション能力の向上を図るとともに、ダンスの魅力を体験してもらいます。

ワークショップの内容

令和3年度は、名古屋市内の幼稚園22校を対象に、合計約600名の園児のみなさんにダンスを楽しんでもらいました。
「カラダであそぶ」「ダンスをつくる」の2つをテーマに、ストレッチや体の動かし方のレクチャーだけでなく、子どもたちにいろいろな質問をして、その言葉からみんなで動きを創造します。

訪問実績

第二幼稚園(千種区)
第一幼稚園、大幸幼稚園(東区)
報徳幼稚園、楠西幼稚園、おりべ幼稚園(北区)
第三幼稚園、比良西幼稚園(西区)
吹上幼稚園(昭和区)
高田幼稚園(瑞穂区)
荒子幼稚園、春田幼稚園、はとり幼稚園(中川区)
二城幼稚園(守山区)
鳴子幼稚園(南区)
桶狭間幼稚園、大高幼稚園、神の倉幼稚園(緑区)
猪高幼稚園、梅森坂幼稚園、西山台幼稚園(名東区)
植田幼稚園(天白区)

講師紹介

倉知可英(studio K.K.nagoya主宰・現代舞踊家)

6歳より、奥田敏子舞踊研究所入所。石井みどり、折田克子、倉知外子に師事。
98年、愛知県の助成を受け、フランス国立振付センターにて研修後、所属ダンサーとして活動。06年帰国。
2015年よりstudio K.K.nagoya主宰
平成24年度名古屋市芸術奨励賞 名古屋市民芸術祭2014、2018特別賞
令和元年度河上鈴子記念現代舞踊フェスティバル賞受賞

  • 倉知可英(studio K.K.nagoya主宰・現代舞踊家)

石原弘恵(HIROfam・舞踊家)

清洲MDA講師の傍ら、大学非常勤講師・ダンス部コーチを務める。なかの国際ダンスコンペティション創作部門第1位/座間全国舞踊コンクールにて優秀指導者賞受賞ほか、全国舞踊コンクール受賞歴多数。名古屋市民芸術祭特別賞(熱演賞)を受賞(2018)、国際DUOダンスフェスティバル(釜山)招聘(2018)、レジェンド東京クロニクル出演ダンサー賞受賞(2021)

  • 石原弘恵(HIROfam・舞踊家)

いただいたご感想(一部抜粋)

子どもたちから出たものをダンスにしていただいたので、”自分たちで作った”という思いがあり楽しめた。
(幼稚園 職員)

普段からダンスを好む園児はもちろん、恥ずかしがってやりたがらなかった園児もノリノリで表現することを喜んでいました。
(幼稚園 職員)

園児の小学生のお姉さんが、幼稚園のときに参加したことがあり、「いいなあ、今日幼稚園に行きたい!」と言って、参加したがっていたそうです。それだけ心に残る体験ができていたようです。
(幼稚園 職員)

ワークショップの様子を動画で見せてもらい、子どもたちの発想に感心しました。先生の動きをよく見たり、話を聞いて取り組む様子に、成長を感じました。
(保護者)